賃貸契約でよく耳にする不動産用語について

賃貸契約は、各不動産屋によっても契約の仕方や方針、審査方法などに違いがあります。
賃貸契約の際は、不動産用語を耳にする機会も多くなります。
 

 

用語をまず知って、どの様な事を指しているのかを知っておきましょう。
賃貸でよく耳にする、不動産用語を解説をしていきたいと思います。

 

敷金には消費税がかからず、賃貸物件を出る際に清掃や修復にあてられる費用になります。
また、入居者の家賃不払いがあった際は、敷金から大家さんが家賃に充当する事ができる費用になります。

 

賃貸物件の退去時に、部屋をきれいに使用していた場合は返却されます。
しかし、中には必要以上に修復し、追加で徴収する悪徳業者もいます。
入居者と不動産屋のトラブルの多くは、敷金のトラブルになります。

 

礼金は大家さんに対しての謝礼金になり、通常返金される事がない費用になります。また、礼金には消費税がかかりません。仲介料は、不動産屋に支払う手数料になります。通常は家賃の一カ月分の請求が多く、消費税がかかる費用になっています。手付金は、賃貸契約時に不動産屋が賃貸物件を他の人に紹介しない為に払う費用です。手付金額は決まっていませんが、通常家賃の一カ月分の設定が多くなります。共益費は、賃貸物件の共同部分に対して払う費用になります。賃貸物件の専有面積から、計算されています。

 

家賃は、賃貸物件を使用する為の一カ月分の費用になります。不動産屋によって、前払いか後払いに違いがあります。家賃に消費税はかかりませんが、テナントの場合は消費税がかかります。賃貸物件の更新契約をする場合には、契約期間が切れる前に更新料を支払う必要があります。賃貸契約は、1年や2年契約などさまざまあります。更新料には、消費税がかかります。

入居の時期によっては値段交渉をしてみよう

賃貸物件を探す場合は、入居後に後悔しない為にもみんな失敗を避けたいものです。
それは、賃貸契約は初期費用が高額になる場合も多いですし、長く住む事になるかもしれない住まいを選ぶからです。
不動産業が人気物件で手付金だけでも必要ですなど言ってきても、あせらずしっかりっとさまざまな点を確認しましょう。

 

また、不必要にあせらせる不動産屋は避けた方が良いかもしれません。
本当に人気物件なら、自然に契約済みとなっているはずですよね。
しかし、人気物件は次に不動産屋に行った際に満室になっている場合も多いのは事実です。

 

自分で納得した場合は、手付金を支払い抑えておくのも良い方法になります。
人気物件は契約が決まっていくのも早いですので、ご自分の契約条件をある程度決めておくのも良い方法でしょう。

 

入居時期が4月以降の場合は、なかなか決まらずに長期間空部屋になっている物件も多いです。
その為、4月後半以降などに入居する場合は、多少値段が下がっても入居者を入れたい不動産業屋が多いので値段交渉ができる場合もあります。
賃貸物件であっても、交渉次第で安くなる場合もあります。

 

ただ、近年は交渉前に家賃を限界まで下げ、入居者を募集している場合も多いです。
その為、細かく交渉している間に他の人が契約を決めてしまう場合もあります。

 

その地域の相場などを調べて、ご自身が納得できる範囲の家賃などの場合は、早めに決めるのも賃貸物件探しのポイントとなります。
賃貸物件探しでは、安くて、良い条件の物件は早く契約が決まっていきます。
さまざまな点に注意しながら、賃貸物件探しをしていきましょう。